小顔整形で魅力的に変身~スッキリ小顔美人~

医者

サブメニュー

ボトックスと脂肪溶解注射

女性

メスを使わないプチ整形で小顔にするには、「ボトックス注射」や「脂肪溶解注射」があります。ボトックス注射にはエラの筋肉を抑える効果があり、脂肪溶解注射には脂肪細胞を溶かして二重あごを解消する効果があります。

Read More...

美容外科のプチ整形

女の人

沖縄の美容外科では、プチ小顔術でエラ張りを解消することができる。プチ小顔術のボツリヌストキシン注射は5分から10分程度で施術が終了し、3週間から1ヶ月程度で小顔の効果が現れる。ボツリヌストキシン注射は、歯ぎしりや顎関節症を改善する効果もある。

Read More...

スッキリとした小顔を実感

治療

顔の大きさや形で悩む場合

顔の大きさと体型のバランスに違和感を感じてしまう人は、意外と多くいます。日本人は小柄な体型の人が多いので、顔の大きさに悩んでしまうことはよく聞く話です。しかし、それが強いコンプレックスになってしまっている場合は、小顔整形を受けていくことで解消されます。この小顔整形には、顔に付いた余計な脂肪を引き出す方法や、骨を削っていく方法などがあります。他にもエラが張っている場合は、筋肉を緩める効果で目立たなくしていくこともできます。小顔になることで、自分の中で大きな自信を持てるようになり、見た目を意識したファッションも楽しめるようになれます。スッキリとした顔の輪郭が全体の雰囲気を変えていくので、小顔整形はその影響もとても大きいのです。顔の大きさや形で悩んでいる場合は、この小顔整形を考えていくこともいいでしょう。

カウンセリングの重要性

小顔整形を受けていく際は、どの部分がコンプレックスの原因になっているのかをはっきりさせていくことが重要です。医師とのカウンセリングのときにそれがはっきり言うことができるので、そこを中心に小顔整形が進められるからです。また、整形後のシミュレーション画像を小顔整形を受ける前に確認しておくといい参考になります。これを見ることで結果への満足が違ってくるため、想像と違うというトラブルを防いでいけます。多くの美容外科ではこのようなシミュレーション画像を行っているところも多いので安心ですが、その画像に納得できなければ変更も可能です。整形前に納得していくことが大事なので、違うと感じるところがあれば積極的に医師と話し合っていくようにしましょう。

注射で顔を小さく

注射

顔が大きく見える原因が咬筋が必要以上に発達している場合なら、ボトックス注射での小顔術が有効です。咬筋の働きや緊張を和らげることで、徐々に顔のラインがシャープになります。持続期間は半年〜1年程度と短いですが、定期的に施術することで、持続期間を長くすることができます。

Read More...