小顔整形で魅力的に変身~スッキリ小顔美人~

ドクター

注射で顔を小さく

注射

エラ張りを改善する

小顔に見せるメイクや写真映りはいろいろありますが、プチ整形でできる小顔術がボトックス注射です。顔が大きく見える原因として、エラが張っていることがあげられます。骨そのものが突き出ている場合と、エラにある咬筋という筋肉が必要以上に発達している場合があります。後者が原因の場合は、ボトックス注射での小顔術が有効です。奥歯をかみしめたときに、耳の下にふくらみが出るかどうかで判断できます。ボトックス注射で小顔になる理由は、ボトックスを咬筋に注入することで筋肉の働きを和らげることができるからです。必要以上に筋肉を発達させないことで、ダイエットしたときのように徐々に顔のラインがシャープになり、小顔になる効果が得られます。

定期的な施術が効果的

ボトックス注射での小顔術は、注射をするだけなので短時間で治療が済み、ダウンタイムもほとんどありません。入院する必要がないので、周りにバレずに施術することができます。安全性も高いです。施術後3〜4週間後ぐらいから効果があらわれます。ただし、効果の持続する期間は、半年から1年程度といわれています。半永久的な効果ではありません。しかし効果が薄れるころに定期的に注射することで、持続期間がながくなりますし、筋肉そのものも小さくなっていきます。また、咬筋が発達していることが原因かどうか、きちんと診断してくれる医療機関を選びも重要です。ボトックス注射施術で、小顔効果とともに、咬筋の緊張が和らぐことから、顎関節症や歯ぎしりなどの症状を改善することにもつながります。