小顔整形で魅力的に変身~スッキリ小顔美人~

ドクター

美容外科のプチ整形

女の人

民間療法の注意点

小顔矯正の施術は、整体院やエステサロンで行われている。小顔矯正は民間療法であり、必ずしも顔を小さくできるとは限らないので注意を要する。施術担当者は医師ではないので、安全性にも問題がある。沖縄の美容外科ではプチ小顔術を行っている。プチ小顔術は医療行為であるため、施術はもちろん医師が担当する。経験豊富な美容専門医が施術を行うので、民間療法の小顔矯正よりも安全性は高い。民間療法の小顔矯正は手技療法で施術を行うが、沖縄の美容外科では、ボツリヌストキシン注射で顔を小さくする。エラ張りの原因になる咬筋に直接注射を打つので、確実な効果が得られる。ボツリヌストキシン注射は、歯ぎしりや顎関節症を改善する効果もある。

顔を小さくするための工夫

顔のエラが張っているとゴツゴツとした印象になり、顔が大きく見えてしまう。沖縄の美容外科でプチ小顔術の施術を受けると、簡単にエラ張りを解消することができる。エラ張りがなくなると、顔全体がほっそりとした印象になり、顔のイメージが一新する。顔が小さくなると顔とボディのバランスが整い、スタイルがとても美しくなる。プチ小顔術のボツリヌストキシン注射は、5分から10分程度で終了する。ボツリヌストキシン注射はダウンタイムが少なく、施術後すぐにメイクをすることが可能である。施術後3週間から1ヶ月で効果が現れ、エラ張りが解消して美しい小顔になる。沖縄の美容外科ではボツリヌストキシン注射以外の方法でも小顔にすることができる。どの方法を採用するかについては、予算に応じて自由に選択することが可能である。